横浜で28坪のおうちづくり

~ローコストで注文住宅!~

建坪28坪でもリビングを広く見せるアイデアまとめ

f:id:naokofff:20210101171608p:image

まだまださまざまなことが決まっていない我が家ですが、建坪は28坪程度の小さなおうちとなる予定です。ただ、私達の希望としては1Fにファミリークローゼットとリビングダイニング、あと水回りも入れたい(家事動線のいい家にしたい)、あわよくばシューズクローゼットか土間収納も小さくてもいいから欲しい…ということで、必然的にリビングを広くするのは難しそう。なので、色々聞いたり調べたりして考えたリビングを広く見せるアイデアまとめ。自分のための備忘録です。

 

  

1Fはリビングに重きを置く間取りに

まず、限られた面積でなるべくリビングを広く取るために「お風呂や脱衣所、トイレは広くなくてもOK」にすること。私達の家では「1Fにファミリークローゼットを作りたい」というのが優先順位の高い希望なので、脱衣所の収納もそれほど重視せず、お掃除用具とタオルが置けたらOK。

キッチンも、現状それほどモノが多いわけでもないので、無理に広く取らなくてOK。

ファミリークローゼットも家のすべての洋服を収めるのではなく、その季節にデイリーで使うものがきちんと収納できればOK。季節外の洋服は2Fのクローゼットへ。

その分、できる限りリビングを広く取る間取りに。

 

あと、リビング階段で少しでも抜けと広がりが出るようにするのも有効かなと思います。

 

リビングは3mのハイ天井に

床面積がそれほど広くなくても、天井が高ければ広く見えるもので。これはモデルルームや新築分譲の物件を見る中でよく思ったことです。実際、限られた面積で少しでも広く見せるなら高い天井に、というのは定番の方法なんだそう。

 

シューズクローゼットは物置として申請する

これはハウスメーカーさんに教えてもらった裏技(?)で、要確認なのですが、どうもシューズクローゼットを「屋外物置」として許可を取ると建坪に含まれないで作れるとか…。ここはいまひとつはっきりしないので要確認。ただ、できれば土間収納も欲しい(1Fの玄関まわりに置きたいものは何かとある)ので、限られた建坪に算定されずに作れるなら欲しいところ。

 

カラーは圧迫感のない白と薄めの木目調を基調に

カラーは天井や壁は白、フローリングも薄めの木目調にして全体的に淡い色に。やはり白は圧迫感が少なく、そのカラーで見える範囲をある程度統一することで広がりは出るように思います。正直このあたりは「おしゃれさ」にあんまり夫婦で重きを置いていなかったのでシンプルでいいや、と。

アクセントクロスも興味がないでもないのですが、コストカットと広く見えるのが重要なので…。今後使うとしたらホワイトで質感が違うやつにするとか、その程度かな。

 

全体として「まっしろしろ」になるのも嫌なので、引き締め色として、手すりや一部の家具に黒も使えたらと思います。

 

ウッドデッキかタイルデッキを施工してもらう

これは妄想レベルで予算との相談なのですが、リビングの向こうにウッドデッキ作ってもらおうかな(もしくはDIYできるかな)、なんて思っていて。セカンドリビング風味というか、視覚的にはリビングの先に続くように見えたらいいなと。

実際に友達と集まったときにそこのスペースも使えたらよりいいな、なんて妄想します。

 

収納家具は置かない!

リビングに置く家具は厳選したいな、と思っています。どうしてもリビングに置いておきたい小物類はテレビボードに。あとファミリークローゼットやキッチン収納をちゃんと使ってなるべく収納家具はリビングに置かない。スタディスペースもあわよくば欲しかったけどそこは諦める。

書類なんかも、今時こういう感じの、ダイニングテーブルや収納家具に後付けできる引き出しもあるので


 

 

 なるべくリビングは家具を置かずすっきり保ちたいなというのが野望です。

 

以上、どこまで叶うかはぜんぜん分かりませんが、自分なりのアイデアまとめ、でした。

 

 

ランキング参加中です↓

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村